急なお葬式にはお悔み電報

遠い親戚が亡くなってしまった時などは、対応を悩んでしまうこともあるかもしれません。親戚が亡くなるという情報は、遠ければ遠いほど情報が遅れて知らされます。いつお葬式が開始されるのか確認をしてみると、連絡が入ってきた翌日ということもしばしばあります。いくら親戚とはいっても、そんな急にスケジュール変更ができない事もあり頭を悩ませる問題です。こんな時に便利なものがお悔み電報というものです。お葬式の欠席などを伝える手段として、角を立たせなくする事が出来るので、緊急時には利用して欲しいです。

お悔み電報は、正式には弔電と呼ばれています。「ちょうでん」と読むのですが、難しい読みという事もあり、お悔み電報と言った方が人づてに伝える時には分かりやすいかも知れません。弔電を使いましてお悔やみの意思を伝えることで、ご遺族に近い親戚の方々に失礼のなくお葬式の欠席を行うことが可能になります。弔電は非常に便利なものなので、親戚が亡くなったという状況以外にも、会社の重役などのお葬式などにも丁寧な言葉を伝えて欲しいと思います。

親戚というものは非常に狭い社会です。お葬式を断ったことがきっかけで関係がこじれる事も少なくありませんので、お悔み電報でそうなるのを防いで欲しいと思います。

Tags :